和歌山県にある自宅で医療事務の彼女にノーハンドフェラでフェラ抜きしてもらう

先日、彼女が生理中だった為、フェラチオで抜いてもらいました。フェラチオしてもらった場所は和歌山県にある私の自宅寝室です。

 

彼女の年齢は31歳で医療事務をしています。丁度この頃、三回目のコロナワクチンウィルス摂取が始まって会うのは二か月ぶりでした。

 

やっと会えたというのに、彼女は生理中。なんとなく時期的に生理中だろうな〜とは思っていたのですが、次いつ会えるかわかりませんし会いました。残念ながら予想通り生理だったんですけどね。

 

この日は何もしないつもりでしたが、久々ということで彼女のちょっとした仕草や体臭に興奮してしまいます。

 

つい我慢出来ずに彼女にボディータッチをし、胸を触りだしました。あっという間に愚息はMAX状態になったものの、彼女は生理な為エッチは出来ません。そこでフェラチオをお願いしたというわけです。

 

私と彼女の交際歴は10年程になるため、彼女なりに私の感じやすいツボを心得ているんでしょう。

 

フェラチオが凄く気持ちいいんです。私は激しくされるよりゆっくりがいいんですけど、この辺りを彼女は理解していてゆっくりと上下に口を動かします。そしてノーハンドフェラで。

 

いつもながら彼女のフェラチオは気持ちいいんですけど、それ故に普段は途中でやめてもらうようにしていました。何故かというとフェラチオで私がイってしまうから。

 

どうせなら彼女の膣でイキたいですし、フェラチオで抜かれてしまうのはもったいない。ということでいつも途中でフェラチオは切り上げてもらっていたんですが、この日の彼女は生理中なので挿入は出来ません。

 

そこでこの日は思う存分彼女にフェラチオをしてもらい、口内発射させてもらおうと考えていました。そう思うと、普段よりさらに興奮するんです。中出しも気持ち良いですけど、それと同じぐらい口内発射は大好き。

 

今日は挿入無しですから、久々に口内発射を楽しめる!と思うと愚息は普段以上にギンギンに。だからか普段以上に興奮しました。

 

15分もすれば私は限界を迎え、射精寸前になります。彼女にイキそうだと伝えると、奥深くくわえ込んでディープスロートを開始。

 

これは彼女も苦しいんでしょうけど、私がもうイキそうということでトドメとばかりにしてきたんです。

 

この気持ち良さに私の射精感は高まり、イクっと伝えるとそのまま彼女のお口の中へと発射。愚息が脈打って精液を放ち続けている間も彼女はフェラチオを続け、尿道に残った精液まで吸い上げるようにバキュームフェラしてくれました。

 

エッチが出来なかったのは残念ですけど、久々に口内発射させてもらえたので大満足でした。

フェラチオしてほしい時におすすめの出会い系サイト

Jメール
Jメール

フェラチオしてほしいならJメールは必須です。エロい子がかなり集まっていますよ。

 

ハッピーメール
ハッピーメール

老舗出会い系サイトであるハッピーメールも出会いやすくなっています。