栃木県の元嫁からヤラレたフェラチオが一番最高だった

栃木県で2年ほど前に離婚した妻がいます。今でも子供との面会の際は、時々元妻と会う時もありますが、そんな妻から再び最高のフェラをいただきました。

 

離婚の原因は私の浮気。酔った勢いで会社の部下である女の子を家に連れ込み、セックスをしているところを元妻に目撃されます。

 

それから2年。私なりに色々と反省しながら月日が経過する中、会社が終わり一人寂しくスーパーで買い物をしていた時、元妻と再会です。目が合った瞬間、お互いビックリした顔をしましたが、私から思わず出た言葉は「今日良かったら、少し食事でもいかないか?」。

 

何故そんな言葉が出たのか今でも判りませんが、元妻は意外にもそれを受け入れてくれます。そして近所のファミレスに入り、久しぶりの元妻と会話を楽しみました。

 

お酒を呑みながら食事をしますが、それほど会話は進みません。私も何から話していいのやら皆目見当もつかないので、一気にビールを飲み干し、お代わりをします。

 

そんな状況下、彼女の方から娘の話しのしてきました。子供の話しになればお互い笑顔も出て来て口数も増えていきます。そして元妻の口元を見ていると、昔彼女から受けていたフェラチオを思い出してきました。

 

彼女のフェラは今まで出会った女性と比較にならない程のフェラの達人。優しくてマッタリとして、色々な体勢からフェラを試みる元妻に私はいつも我慢出来ず口内射精です。

 

想像が膨らむと同時に股間も膨らみ、遂に彼女へ言ってしまいます。「良かったら今夜どう?」。一瞬彼女は考え込みますが、静かに頷きます。

 

ラブホへ到着後、部屋に入ると一緒にシャワーを浴びると、まずは挨拶代わりに浴室でフェラ。あの頃と変わらない絶妙な舌遣いは素晴らしいです。

 

そのままベッドに向かい、更にディープなフェラで私の気持ちは高揚です。玉袋のしわを一本一本伸ばせながら舌一杯で舐めてくれます。素敵です。

 

今度は私を鏡の前に連れていき、元妻がフェラする姿を私に見せてくれます。これはなんだか勝ち誇った気分へと変わり男としては気分がイイものです。

 

元妻は、私の片足を椅子の上にのせました。尻の方からアナルを舐めはじめ、亀頭に向けて舌先が流れていきました。

 

そして再びベッドへ移ると、今までにない速度で強い吸引からジュボジュボと射精へと導いてくれます。当然ここで私は発射。元妻は美味しそうに私の精子を全て飲み干してくれました。

 

その後彼女とは何度か会うケースが増えていき、再婚とまではいきませんが元妻の最高のフェラは今でも堪能し続けています。