出会い系サイトで知り合った静岡県浜松市の巨乳熟女にトイレでフェラ抜きされた

私は44歳の既婚者です。仕事で転勤を命じられて静岡県浜松市にやってきました。

 

性欲が強いので毎日のようにアダルト動画でオナニーしていたのですがやはり女性と触れ合いたい気持ちが抑えられません。風俗も考えましたが素人女性と遊んでみたいので出会い系サイトに登録しました。

 

じっくりプロフと顔写真を見て気になったのは48歳の純子さんです。童顔なので年齢よりも若く見えます。芸能人で例えるなら小泉今日子さんに雰囲気が似ています。

 

独身者でセフレを探しているようでした。とりあえずメッセージを送るとすぐに返信がありサイト内で10回ほどやり取りをしてライン交換出来ました。

 

まるで彼女が出来なような感覚で楽しい時間を過ごし初デートする事になったのです。

 

待ち合わせ場所に居酒屋に先に着いたのは私でした。少し待つと純子さんがやってきたのです。

 

黒のロングスカートに淡いブルーのシャツを着ていました。「すみません、しごとが押して着替える時間もありませんでした」如何にも営業マンと言った清潔感ある女性です。

 

仕事の話をしながら美味しいお酒を飲んで仲良くなれました。本当はこのままホテルに直行したかったのですが確実に落としたいので今日はこのままお別れする事にしました。

 

純子さんはかなり酔っているようでした。駅に向かう途中、ちょっと疲れたと言い出したので公園のベンチで酔いを冷まします。

 

「セフレ募集なのにホテルに誘わないんですね」
「こんな誠実な人は初めてです」

 

そう言うと腕にしがみついてきました。巨乳をグイグイ押し付けて誘ってきたので肉棒がガチガチになってしまいました。

 

服の上から撫でまわしてファスナーを下ろして手コキを始めたのです。

 

「もう、こんなにパンパン」

 

上目遣いでエロい表情を見せつけながシャツのボタンを2つ外しました。するとブルーのブラと素晴らしい谷間が丸見えになったのです。

 

「ホテルまで我慢できる?」
「無理だよね?」

 

そう言うと手を引いて私を男性トイレに連れ込んだのです。そして痴女のように素早くズボンをずらしてフェラチオを始めました。

 

実は私、仮性包茎で皮オナニーが大好きです。殆どの女性はすぐに皮を捲ってフェラするのですから純子さんは違いました。

 

皮を剥かずに先っぽから舌を突っ込んで亀頭を舐め回してきます。裏スジや玉舐めしながら優しく手コキで刺激してきました。

 

「仮性包茎の人、大好きなんです」

 

鼻を近づけて臭ったり頬に擦り付けたりして嬉しそうにしています。皮を剥かないフェラをしてくれる貴重な女性に出会えたことは感激です。

 

根元を抑えて巨乳を揺らす激しいローリングフェラに耐え切れず我慢汁が溢れてきます。舌を出してベロンと美味しそうに舐めとってくれました。

 

そして今度はイラマチオのように喉奥まで咥え込みました。バキューム感が強くまるでオナホールに突っ込んでいるようです。

 

唾液の量が多いので卑猥なジュボジュボ音も聞こえます。

 

「我慢せずに出してね」

 

お言葉に甘えて思い切り口の中にザーメンをぶちまけました。

 

「美味しい」

 

舌を出してザーメンを見せつけゴックンしてくれたのです。丁寧に肉棒を舐めるお掃除フェラまでしてくれました。

 

「じゃあホテルへ行きましょう」

 

タクシーを捕まえてホテルに向かった私達はシックスナインで攻め合いました。フェラテクに負けないクンニを見せて2人で気持ち良くなったのです。

 

2回セックスを楽しんでお別れとなりました。勿論、純子さんとは今でもセフレとしてお付き合いしています。

フェラチオしてほしい時におすすめの出会い系サイト

Jメール
Jメール

フェラチオしてほしいならJメールは必須です。エロい子がかなり集まっていますよ。

 

ハッピーメール
ハッピーメール

老舗出会い系サイトであるハッピーメールも出会いやすくなっています。