埼玉県でモテていた彼女にフェラチオさせている征服感がたまらない

場所的には当時住んでいた埼玉県です。

 

場所的には当時私が住んでいた家です。具体的には実家になりますが、相手は当時付き合っていた同い年の彼女になります。

 

初めて付き合った彼女を自分の家に招いた時になります。当時は彼女と付き合いだてで、いまだに性的な行為をしたことがありませんでした。もちろんその彼女もはじめての彼女でして、私も性的な行為について興味津々でした。

 

当時はお互いに忙しくて会う場所とあったら、お互いの家位のものでしたどこかに出かける時間的な余裕も無かったのです。初めて行為をした後に、まだお互いに満足できなかったこともあり、とりあえずフェラチオをしてもらいたいと思ってお願いしたことがきっかけでした。

 

彼女は快く受け入れてくれて、行為の後のお掃除フェラチオをしてもらいました。気持ちよさは、正直言いってあまり良い気持ち良いものではありませんでした。

 

当時の彼女はそこまでフェラチオというものを慣れていなかったのはあります。どちらかというと世間的に言うマグロという状態で、フェラチオについてもこの脚注に加えて上下動する位の行為でしかありませんでした。

 

たまに舌で申し訳程度に亀頭をくすぐる程度への事はありましたが、フェラチオ嫌なのかなと言うのが伝わってくるほどあまり積極的ではありませんでした。

 

むしろ気持ちよかったのは、さらさらとした長い髪の毛がお腹を撫でているときのくすぐったさこそばゆさは何となく気持ちよかったです。むしろ思い出に残っているのへ髪の毛がサラサラとお腹を撫でていることの方かもしれません。

 

フェラチオがあまり上手くなかったのは単なる経験というよりも、あまり性的にそういったプレイに積極的な女性ではなかったということがあったのでしょう。後に、フェラチオしてもらった性的な行為が好きで積極的にいろいろな男性と経験を持っている女性のフェラチオはとてもすごかったからです。

 

感情としては、正直にいって無でした。その当時付き合っていた彼女のフェラチオはあまり積極的なものではなくあまり気持ちのビートいるものではなかったので気持ちと良いという感情や興奮が頂点に達するなどというような感情には至りませんでした。

 

むしろその当時感じた感情といえば、征服感というものでしょうか。当時の彼女は、かなりモテていたようだったので、独占していることやフェラチオをさせていることに対して征服感を感じて興奮していたことの方が強いかもしれません。