ハッピーメール・PCMAXで岡山の奥様風熟女の激しいフェラチオ

まさか俺が此のような出会い系で、奥様風の人とお友達になれるナントは思っても見かったのが正直なところです。

 

女友達をゲットするために始めた出会い系はハッピーメールとかPCMAXとか初めてでいて、当たるも八卦とか思い込んでやってみたのですが、1月も過ぎた頃とある女性から丁寧なメールが来るようになったのです。

 

勿論、始めの内は冗談だろうと思っていたが、写メを交換するようになってからは殆んど信用の域に達したようなのでした。

 

そして、「若し、貴女が本気なら、ワタシも其の気が有るので是非お逢いしましょう」と言うようになったのです。勿論、返事は「はじめは女友達として宜しくお願いします」言って、遂に逢う機会に恵まれたのです。

 

田舎の都会だったので、駅前の小さなサテンでお会いしましやが、奥さん風の一寸年増の女性だったですが、淑やかな感じのする品のいい人でした。

 

それでも、最終目的はお互いにセックスするのが目的だったことは承知しているようで、俺も此の時は遠慮せずに「お友達と言っても、男と女の関係が目的なのですが、宜しいですか」というと、「あたしも十分承知しているわ」という返事でした。

 

そして、何とか粘ってハッキリとセックスのことを催促したら素直に承知呉れたのです。

 

当時は、田舎だったのでラブホテルなどという洒落たものはなく、その代わりに連れ込み旅館というのがあって、男と女がセックスする場所として一般に利用してたものです。

 

部屋に入るなり、二人は無言のうちに男と女の関係になりました。それにしても、彼女のセックスの激しさに驚いたものでした。無茶苦茶な感じで迫ってくるのです。

 

俺の屹立した一物を両手で手コキをはじめ、更に舌で亀頭部を舐め回すが、特に敏感に感じる亀頭部の周りは舌でこねくり回すのです。 

 

そしてお口でパクっと加えては今度はお口でモミモミと激しいフェラチオを繰り返すのです。

 

小生はたまらずに彼女の口の中に白い液体を放出してしまったのです。彼女はペロッを吐き出しながら「お元気ですこと、それにしてもいっぱい出たわね」褒めてくれる始末です。

 

彼女のセックスの激しさについて事情は未だ知らないが、余程、男に不自由していたことが判ります。

 

そしてあの時、細身の体に似合わず、挿入しているペニスに対して「キュッ、キュゥッ」とした強烈な締り具合がとてもいい感じで、脳天に神経が立ち上ったような感覚を今でも覚えているのです。