高松市内の商店街でナンパした女子高生の激しい手コキとフェラチオで発射

数年前になりますが専門学校の学生だった頃、女性のいないつまり女ッ気がない学部なので男としては全くつまんないところでした。

 

その日も暇に任せて適当な女性がいないかチョット街へ出てナンパ、セフレ探しをしていたころでした。もちろん、相手の女性は我々と同じ年代がいいのであり、望むところは出来れば高校生くらいの若い女がベターであった。

 

そんな或る日のこと、友人といつもの様に若い女の子の恋人か、或いはセフレを探すことも目的の一つとして街の繁華街のコンビニあたりにタムロっていたら、するとアーケード街のコンビニの向かい側に茶髪の毛の長い、チョット見、高校生らしい若い女がフラフラと歩いていたので声を掛けたところ、何とか相手も興味を持ってくれたのです。

 

そして、取敢えず近くのコーヒー店でお茶するかを聞いてみると、幸いに誘いにノッてきたのです。

 

先ずはお茶をしながら自己紹介や趣味などの話を聞くと、やはり高三でカラオケが好きとのことであった。

 

結局、話が終わって直ぐに近くのカラオケ屋に行って何曲か歌ったが、歌いながらそれとなく聞くと今は好きな人もいないらしく、其れでは俺とセフレになってくれるかと頼むと、アッサリとセフレになってくれたのです。

 

この後、何日か経って公園などでデートしながらホテルへ誘うと、元より承知の上のデートなので快く応じてくれたのです。

 

そして念願の近くのラブホへ行って二人は楽しんだのですが、彼女は性的には今は自慰のみで今は男との関係はなかったようだが、過去に部活の先輩とエッチをしたことがあると正直に話してくれたのです。

 

そして俺との関係が二人目でも有り、何となくぎこちなくもあったのですが、何とか正常な形でエッチを終えたのです。

 

そんなことで嬉しくも恥ずかしい部分もあったが、何とか俺を素直に受け入れてくれて、無事に男と女の関係が出来たのは嬉しかったのです。

 

二回目のデートのときカラオケでチョッピリお酒もいただきましたが、そのせいもあって、その日の彼女はかなり積極的でした。ディープキスをしながら彼女の口元が次第に下腹部の俺のチンに向かってきたのです。

 

もちろん、その頃はすでに俺のチンは弾けるように屹立していたし、はじめは手コキをしながら舌でペロペロと先端部を舐め始めたが、そのうちにパクっと口に入れてもみ始めたのです、つまりフェラチオというものでした。

 

彼女の激しい手コキとフェラチオの口攻めで、俺のチンは我慢しきれず「ウオーーッ」と、ついに悲鳴を上げながら弾けてしまったのです。 彼女は満足そうに「大きくて立派なものから白いものがいっぱい出たはね」と言ってくれたのでした。