岩手県の高校時代に付き合っていた元カノの得意技はフェラチオ

岩手県に住んでいるのですが、以前友人の彼女からフェラをされたことがあります。と言ってもその彼女とは以前付き合っていた彼女。友人はそれを知らずに、俺に「彼女を紹介する」と言い、出会わせたのがキッカケです。

 

会社の同僚で友人がいます。その友人が俺に彼女が出来たと言って、紹介してくれることになりました。

 

約束の日。目の前にいる彼女を見て驚きました。それは以前高校時代に付き合っていた元カノです。当然あちらも気づいているでしょうが過去の話など一切せず、普通に取り繕う感じで食事を一緒にやりました。

 

食事の最中はほとんど会話無し。友人も俺に対し、「いつも見たいな元気が無いけど」と心配してくれますが、俺とすれば早くここを逃げ出したい気分です。

 

そしてようやく2時間が過ぎていきお開きの時間が近づきまた。早く立ち去りたい自分は、軽く彼らにお別れの挨拶をした後、そのまま立ち去ります。

 

なんとなくこのまま帰るのも味気なく、一人で酒場へ入ります。ビールを呑みながら彼女との思い出が浮かんできました。

 

彼女は可愛く、どこか清楚系。ただHは大好きで自宅はもとより、公園やトイレの中でもセックスをやり捲り。

 

そんな彼女の得意技はフェラチオです。ここまで複数の女性からフェラチオを受けてますが、彼女を超える女性はいません。

 

そんな時携帯に着信…。知らない着信に折り返すと元カノです。どうやらまだ私の携帯を削除していなかったみたい…。

 

彼女は俺がどこにいるか確認後、少し話がしたいと言いました。

 

俺は店の会計を済ませ約束の場所へ。すると会った瞬間「ずっと探してたのよ」と怒り顔でイイながら、「お願い、今日は一緒に居て」と真顔に言われてしまいます。

 

彼女へ圧倒される中どこかお店を探していると、いきなり彼女は俺の手を引っ張り、すぐそこにあったラブホへ連れ込みました。

 

部屋に入ると、いきなり即フェラ。思わぬ展開に面食らいましたが、段々彼女のフェラに酔いながら、いつの間にかサオは直立。以前にも増してプロの業師…、おそらくここに至るまで何人ものチンポを加えてきたのが判ります。

 

尿道を舌先で突かれるフェラは過去彼女から体験したことはありません。これは刺激が合って下半身がクネクネしてしまいます。

 

次に彼女は尻の方に移動。そして今度は股間からサオを引っ張りフェラチオです。

 

隣の鏡を移ると風俗プレイを楽しんでいるみたいでかなりの興奮。しかも友人から寝取り気分も感じだしたころ、俺はココで思わず発射。彼女はこれで許さず、あの手この手のフェラ技を展開しながら、気が付けば3回はフェラでいきまくり。

 

その後彼女とは付き合うことになりますが、友人へはこの件は伝えず普段通りに接しています。