兵庫県の不倫相手にコインパーキングいっぱいでフェラチオしてます

私は、30歳の主婦なのですが現在不倫相手がいます。

 

不倫相手は10歳上の弁護士です。彼とは、5年前に出会いお互いに惹かれ合って今のような関係になりました。

 

私と彼は、家庭を壊す気がないので土日にデートしたりはなく、平日彼が仕事と仕事の間の時間がある時に、密会しています。

 

そして、車の中でフェラチオをしてあげる事が多いのです。私と彼は、お互いに兵庫県に住んでいるため兵庫県で会い、彼が車で私の最寄り駅まで迎えに来てくれ、私が彼の車に乗り込みそのまま人があまり来ないようなコインパーキングに向かいます。

 

コインパーキングに車を停めると、私と彼は2人で後部座席に移動します。そして、後部座席でお互いの近況報告の話をしたり、抱きしめてもらったりイチャイチャしながら過ごすのですが、大体彼がキスをしながら私の胸を服の上から触り始めます。

 

すると、ズボンの上からでも分かるくらい彼のアソコが大きくなってきます。その彼のおちんちんを私は、「大きくなっちゃってるよ」なんて言いながら、ズボンの上から触ったりと弄びます。

 

ズボンの上からでも刺激すると、彼は感じてしまうくらい敏感で、彼は私が嬉しそうにおちんちんを触るのを微笑ましく見てくれています。「ズボン脱いで欲しいな」と私が言うと、彼はズボンを脱いでくれて生のおちんちんを出してくれます。

 

私が、彼のおちんちんを右手で握ったり睾丸を愛しそうに撫でながら、先っちょをペロペロと舌で刺激したりしていると、彼は車の椅子に力強く手を付き、気持ちよくなるのを我慢しながら「ふぅ、気持ち良いわはぁ」と言ってくれる事が私はすごく嬉しいのです。

 

そうしているうちに「もっと激しく触って」と彼の方から言ってくれるので、私は愛情を込めて必死でおちんちんを動かしながら亀頭を口の中いっぱいにいれ、刺激します。「ハァハァハァ」と彼の息遣いが荒くなり、おちんちんがボワッと膨張したようになり「イクぅ」という声と共に、おちんちんがビクビクなり私の口の中にたくさん発射します。

 

私は、精子を飲むのが好きではなかったのですが、彼の精子はほんのり甘く毎回ごっくんしてあげる事で、彼と1つになれたようなそんな気持ちになります。彼は、私が彼の精子を飲み込むとすごく嬉しそうに「ありがとう」とたくさんキスをしてくれます。

 

彼にフェラチオは100回以上していますが、いつもすごく幸せそうに喜んでくれて私はフェラチオをしてあげることで満たされます。