群馬県にある迎賓用の椅子に座りながら非日常体験でフェラチオ

私は群馬県にある企業のショールームに勤めています。迎賓機能を持っていることもありかなり高級感がある部屋の管理も行っています。

 

そんな中、素晴らしく高級の椅子があり、シャインダウンてもなかなか座ることができないことが多いのが実態。そんな中、私自身絶対にばれたらクビになると思いながらも1度はあの椅子に座りながら女性にフェラチオをしてもらうことを夢見ていました。

 

そんな時、日曜日に出勤し、監視カメラのきってあったので、彼女をその部屋に呼び寄せることに成功しました。

 

もちろん長時間座る事は難しいのですが、部屋そのものを見せたかったし、私自身がその椅子に座ってどうしても彼女にフェラチオしてもらいたかったのが正直なところです。もともとその意図を彼女に伝えていたこともあってスムーズにことが運びました。 

 

カーテンを下ろして多少暗くすることもできるので私自身がその椅子に座り、彼女を跪かせ、ズボンを下ろし見下ろしながら彼女にフェラチオさせると言うことに成功しました。

 

最初は彼女も緊張していましたがふかふかの絨毯の上に跪き、自分自身が何とも言えない被害の状態にあると言うことを知った途端燃えてきたのか、いつもにはないようなテクニックで私を責め立てます。

 

下から私を舐めあげるだけあって、普段あまり責めてくれない玉袋までくわえ込んでくれたり、時折自分自身が視線を上げて乳房でペニスを挟み込んでくれたり、なんと過去には考えられなかったのですがアナルまで彼女は舐めてくれると言う大サービスです。
なんとなく私自身が高級な人間になって、自分自身がそんな自分と付き合っていることが嬉しくなったのではないかと思う位。多少暗くしていましたが目が慣れてくると目がトロンとして私を責めたてる彼女の姿が何とも言えません。

 

もちろん、私自身のペニスを舐めるときの唾液の多さもいつも以上の状態ですから、ジュポジュポと言う音が、耳に聞こえてきて何とも言えない快感を覚え、いつも以上にペニスが硬くなる姿を自分自身で自覚していました。彼女も私のペニスを加えながらいつもより硬いやと言いながらしゃぶり上げてくれます。

 

本当はまずいのですが、彼女のその優しさに負けて、私自身もついつい彼女をせめたくなります。

 

結果的にはその部屋で今度は彼女自身を高級な椅子に座らせて私が彼女の足を開き、挿入すると言う行為に至ってしまいました。 

 

こんなことばれたら大変だと言う背徳感がさらに快感を呼び起こします。

フェラチオしてほしい時におすすめの出会い系サイト

Jメール
Jメール

フェラチオしてほしいならJメールは必須です。エロい子がかなり集まっていますよ。

 

ハッピーメール
ハッピーメール

老舗出会い系サイトであるハッピーメールも出会いやすくなっています。