福島県で病み上がりの彼の性欲が爆発して激しいフェラチオ2回しました!

その日は彼が熱が出てしまって、福島県にある彼の家で看病をしていました。

 

かなり高熱を出してしまい、結構看病も大変だったんです。金曜日に熱が出てしまったので、土日付きっきりで看病してあげました。

 

はじめはかなり苦しそうで辛そうだったのですが、日曜日の夜にはかなり回復して体調もよくなりました。とりあえず夕飯は一緒に同じものを食べられそうだったので一緒に食事をして、帰ろうと思ったのですが彼から夜のお誘いが、。

 

「今日は家に泊まっていってよ。看病ありがとう」と言いながらキスをしてきました。「元気になってきたらムラムラしてきちゃった」と言いながら、私の手を自分の股間に持っていったのです。

 

彼は夕飯の前にシャワーを浴びていたので、まぁ、、いいか、と思いパンツをおろしました。すると、まだ何もしていないのにすでにギンギン!男ってやつは、。と思いながらも私もギンギンになった彼のあそこを見て少し興奮してしまい、そのままフェラチオしました。

 

もうすでにギンギンなので、優しくしごいてあげて、先端をペロペロと舐めました。「あぁ、。やばい。最高。あぁ、いいよ」と震えながら悶える彼。ちょっとかわいくなってきたので、今度は激しく口に咥えてピストン運動するようにあそこを刺激していきます。

 

「あぁ、。たまんね」と言いながら腰が浮いてましたね。3日間刺激がなかったので興奮していたんだとおもいます。するとあっという間にイッテしまいました。これにはびっくり。彼はイクのが結構遅いので5分ぐらいでイッテしまい、激しく荒い吐息でした。

 

「すぐいっちゃうんだね」と笑うと「ごめん。○○のフェラチオ気持ちよすぎた」と言ってキスしてくれました。すると「もう一回してほしい。今度は激しくしごきながら咥えて」というので、2回目は刺激を強くして激しくしごきまくりました。「あぁ!!すげー!」とまた腰が浮いちゃってガクガクしています。

 

「こうがいいの?」とか私もちょっと面白くなってきて調子にのって言葉責めしたりと楽しかったですね。「うん、。そう。もっとしごいてよ」と言われ激しくしごきながらのフェラチオ。2回目はこちらまで気持ちよくなってくるような激しいフェラチオをしました。「あぁ!!もうダメ!」と言いながらそのまま昇天。。

 

その後も彼の性欲はおさまることなく、3回目はセックスしました。元気になってなりよりえすし、私も興奮して楽しかったのですが、、彼の性欲の強さにびっくりしたのでした。