乳酸菌の種類と健康価値

乳酸菌の種類と形状

食卓でポピュラーなキムチやヨーグルトなど、さまざまな食品加工に活用されてきた乳酸菌。
「乳酸菌が体にいい」ということをご存知の方は多いことでしょう。
「腸内細菌のバランスを整える整腸作用」「免疫力増加作用」などの効能をもつことが、現在の腸内細菌の研究により次々と解明されています。ここ数年の研究では、「花粉症の症状緩和効果」が明らかになってきたこともあり、昨今、非常に注目を集めています。
そもそも「乳酸菌」とは、糖を分解して乳酸を生産し、エネルギーとする細菌の総称のこと。
一口に乳酸菌といっても、その数は多く、なんと200種類以上が存在すると言われています。乳酸菌は形状などによってさまざまに分類されており、人体にもたらす効能もさまざまです。今回は数ある乳酸菌の中から、今話題のフェカリス菌について迫ります。

フェカリス菌って?

正式名称は、Enterococcus faecalis(エンテロコッカスフェカリス)といいます。
ビフィズス菌など棒状の形をした乳酸菌と比べると、フェカリス菌は「球菌」と呼ばれる菌体で、一度にたくさん摂ることに適した形をしています。
一般的な乳酸菌に比べて小さいため、狭いところまで行き届き、健康維持が期待できるとされています。

フェカリス菌は殺菌されていても効果がある!

従来の乳酸菌製品研究では、「生きている乳酸菌を腸内に届けること」が重要視されていました。しかし、最近、『加熱殺菌した状態の乳酸菌(死菌)も身体機能に有効である』という研究成果が発表されています。

善玉菌・悪玉菌を命名したことでも知られる、腸内細菌学の世界的権威である東京大学名誉教授光岡知足氏は、こう語っています。

従来、乳酸菌の保健効果の多くは、生きた乳酸菌を腸内に届けて増殖させるものによるものが定説でした。しかし、外から摂取した乳酸菌が、生きて腸内に届いても、そのまま住みついて増殖することは殆どありません。
なによりも、乳酸菌の菌体成分が直接腸管免疫系に働きかけることにより、善玉菌だけを増やし、腸内環境が改善されることが重要です。
殺菌された乳酸菌でも、腸内で善玉菌の増殖を高め、悪玉菌の増殖を抑えることで、腸内免疫細胞が活性化され、様々な効果を発揮することが分かってきたのです。
そして、摂取する乳酸菌が生菌でも死菌でも、菌数が多いほど高い効果が期待できます。
品質保持や多量摂取という観点からも、生きた乳酸菌を効果が期待できるほど食品に添加することは、簡単なことではありませんが、殺菌された乳酸菌(フェカリス菌)は加工や品質保持がしやすく、常温保存した含有製品からでも、手軽に多量摂取が可能なのです。

光岡 知足(みつおか ともたり)

光岡 知足(みつおか ともたり)

農学博士。東京大学を卒業後、理化学研究所主任研究員、東京大学農学部教授、日本獣医畜産大学教授を経て現在東京大学名誉教授、理化学研究所名誉研究員、日本獣医生命科学大学名誉博士。専門は細菌分類学、微生物生態学。

フェカリス菌で花粉症対策

毎年やって来る、つらい花粉症の季節。花粉症対策としては、薬は勿論、マスクや目薬、空気清浄機など、様々なアイテムがありますが、薬に頼らない花粉症対策アイテムとして今、「フェカリス菌」が注目されています。

「フェカリス菌」入り“乳性飲料”で『スギ花粉症』の症状緩和効果を確認

花粉症対策で乳酸菌が注目されているのは、乳酸菌が腸内免疫細胞を活性化することによって、免疫系のバランスを整えアレルギーを緩和する作用です。単にヒスタミンを抑えるといった対症療法的な効果ではなく、アレルギーになりにくい体質づくりに役立つと考えられているからなのです。
そんな中、一度に大量の菌を摂取できる「フェカリス菌」の花粉症症状緩和効果が、2012年3月に確認されました。
フェカリス菌を含む乳性飲料(1本200mlあたりフェカリス菌1000億個)を毎日1本、継続的に摂取することによって、「鼻かみ回数」「鼻づまり」「眼のかゆみ」等の花粉症の症状改善に有意な差が認められました。
(伊藤園中央研究所による、NPO日本健康増進支援機構の花粉暴露(ばくろ)試験施設での試験)

曝露(ばくろ)室内でスギ花粉を3時間、均一に飛散させた際の、症状の変化を示しています。
回数、スコアが低いほど症状が改善していることを示しています。
グラフは平均値±標準誤差(■飲用開始前●飲用後

これらの結果により、フェカリス菌含有乳性飲料を毎日飲用することで、花粉症症状緩和に役立つこと、さらにその効果は飲用を止めても数日間続くことが分かりました。

フェカリス菌で通年性アレルギー性鼻炎対策

季節性アレルギー性鼻炎である「花粉症」への対策だけでなく、通年性アレルギー性鼻炎対策としても、「フェカリス菌」が注目されています。

「フェカリス菌」入り“乳性飲料”で『通年性アレルギー性鼻炎』症状改善効果を確認

スギ花粉症に対する症状の緩和効果について確認されているフェカリス菌ですが、新たに、通年性アレルギー性鼻炎症状の改善効果が確認され、2013年7月に開催の日本乳酸菌学会で発表されました。
フェカリス菌を含む乳性飲料(1本200mlあたりフェカリス菌1000億個)を毎日1本、継続的に摂取することによって、摂取前後では、くしゃみ、鼻汁などで改善する傾向がみられました。
(伊藤園中央研究所と株式会社ティーティーシーによる、ヒトを対象とした臨床試験(無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験)

※p<0.05(群間での比較)、**p<0.01(服用前との比較)、*p<0.05(服用前との比較)
■対照飲料群●フェカリス菌飲料群

8週間、1日1本フェカリス菌を含まない飲料を飲んだ通年性アレルギー性患者(対照飲料群)とフェカリス菌を1000億個含む飲料を飲んだ通年性アレルギー性患者(フェカリス菌飲料群)の結果を示しています。
鼻の中の粘膜の色合い(下鼻甲介粘膜の色調)は、4週目にフェカリス菌を含む飲料を飲用した患者で有意な改善がみられました。
より厳格な通年性アレルギー性鼻炎の診断方法である「鼻汁中好酸球陽性者」を対象とした、日常生活への支障度に関するアンケートでは、
日常生活への支障度に関するアンケートについては、フェカリス菌を含む飲料を飲用した患者で8週目に、支障が少ないことが認められました。

これらの結果により、フェカリス菌含有乳性飲料を毎日飲用することで、「くしゃみ」「鼻汁」等の通年性アレルギー性鼻炎症状を緩和する可能性が示唆されました。

フェカリス菌の整腸効果

ヒトの腸内には数百種類の菌(腸内細菌)が、合計で約100兆個いるといわれています。このうち善玉菌には、腸内環境改善作用(便通改善作用など)や免疫力を高めることによる感染防御作用、発ガン抑制作用、アレルギー病状の改善作用などが報告されています。このことから健康を維持するためにも、「おなかにやさしい」「便秘に良い」などの整腸効果で知られる乳酸菌を摂取し、善玉菌を優勢にして、より良い腸内環境にすることが重要だとされています。
乳酸菌の中でもフェカリス菌入り乳性飲料(オリゴ糖含む)を摂取することで、腸内環境が改善し、便通の改善が認められています。